自動デバイス登録の更新方法

shigeru_okamoto
New Contributor II

自動デバイス登録の更新方法と簡単なトラブルシュートの方法を説明します。

注意:
・特になし。
 自動デバイス登録証明書をアップロードしても登録済みのコンピュータ / デバイスに影響は与えません。
 自動登録を必要とするコンピュータ / デバイスのみが影響を受けますので、自動登録を開始される前に正しい証明書をアップロードすれば問題は発生しません。
・ぜひ意見交換をして下さい

・自動デバイス登録の更新
方法1:トークンの更新のみ
ASM / ABMより
1)ASM / ABMにログイン。
2)画面左枠よりSettingsを選択。
3)画面中央枠よりジャムフ・プロと統合しているMDMサーバを選択。
4)画面右枠より「Download Token」を選択。
 (自動デバイス登録のトークンがダウンロードされます)。
ジャムフ・プロより。
1)設定→一括管理→自動デバイス登録→自動デバイス登録インスタンスを選択。
2)編集→「サーバトークンファイルのアップロード」を選択。
3)ABM / ASMからダウンロードしたトークンを選択。

上記のステップで証明書の更新と、新しい証明書を使用してMDMサーバとの通信を確率できます。

もしAwaiting sync...のメッセージが20分以上経っても表示される。
Awaiting sync...のメッセージがSync failed. Awaiting for next syncに変更した場合、以下のステップを使用して下さい。

・自動デバイス登録の更新
方法2:ジャムフ・プロとの再統合
ジャムフ・プロより。
1)設定→一括管理→自動デバイス登録→「公開鍵 (Public key)」を選択。
 (公開鍵がダウンロードされます)。
ASM / ABMより
1)ASM / ABMにログイン。
2)画面左枠よりSettingsを選択。
3)画面中央枠よりジャムフ・プロと統合しているMDMサーバを選択。
4)画面右枠よりEditを選択。
5)画面右枠より下にスクロールすると「Upload Now...」があるので選択。
6)ジャムフ・プロからダウンロードした公開鍵をアップロード、「Done」を選択。
8)画面右枠より「Download Token」を選択。
 (自動デバイス登録のトークンがダウンロードされます)。
ジャムフ・プロより。
1)設定→一括管理→自動デバイス登録→自動デバイス登録インスタンスを選択。
2)編集→「サーバトークンファイルのアップロード」を選択。
3)ABM / ASMからダウンロードしたトークンを選択。

PS:
Push証明書、Volume Purchasing証明書、自動デバイス登録証明書は毎年の更新が必要になります。

0 REPLIES 0